目の下のクマやたるみをなんとかしたい!

menu

目元美人

若いときにはなかった下瞼のたるみを改善できる方法とは?

  • 2016
  • 若いときにはなかった下瞼のたるみを改善できる方法とは? はコメントを受け付けていません。

歳をかさねるにつれて、眼のしたの弛みが酷くなってきたと悩んでいるという方は男女問わずたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。まずは下瞼のふくらみが進んでしまう理由、ふくらみがたるんでしまうメカニズムを知りましょう。

その上で、それらの悩みに合わせた対処法を試すことで眼のしたのたるみをおさえていくことで、老化現象によって起きる目元の衰えを食止めていきましょう。

下まぶたのふくらみが齢とともにひどくなるというこの現象のには、どういった要因が有るのでしょうか?

年齢に比例して目立ちはじめる眼元の膨らみは、めぶくろと言われているます。齢をとるとともに眼のしたの弛みが気になってくるのは、Orbitaと言われている目の窪んだ部分にある眼窩脂肪が眼球の重みによって圧迫し、眼のしたにせり出してきてしまう事が目のしたのたるみが出来る大きな要因だと言われてます。

眼窩は、craniumの眼の凹んでいるところにあり、orbital fatは眼を押えるクッション的なはたらきをしています。目のまわりにあるLock woodじん帯やorbital septum、Orbicularis oculiによってそれらをしっかりと支えられているのですが、そのロックウッド靱帯やがんていかくまく、orbicularis oculiの目を支えていた筋肉が老化とともにゆるんで下に落ちて来ることが原因で、眼の重さに耐えられなくなったorbital fatが目のしたにぷっくりとふくらみになって浮かび上がるのです。

さらに、目の下の膨らみを作られてさせるもう一つの要因として、顔の浮腫みも考えられています。年を重ねるにつれて代謝機能の弱くなってにより、不必要な水分や体に不要な老廃物の流れが滞るとそれらが少しずつ蓄積されて気付けば下瞼が膨らんできてしまう事も少なくないのです。どちらかひとつが膨らみの原因の場合もあれば、両方が下まぶたの弛みに悩まされているということもありますので、目の下の膨らみの出来た原因に適した解消法を見つけることが必要になります。

眼もとのたるみの悪化した原因から、次はどのような処置によって目の下の緩みを修復してしていくのかを選ぶことが重要となります。目のしたの緩みの修復していくには大まかに分けて3つの種類があり、眼輪筋トレーニング、スキンケア、美容整形と悩みに沿ったケアが選べるので、各々の特徴を捉えながら、すっきりした眼もとを取り戻しましょう!。

コメントは利用できません。

アーカイブ

カテゴリー