目の下のクマやたるみをなんとかしたい!

menu

目元美人

乾燥ジワやたるみを回避するには丁寧な洗顔が大切です

  • 2016
  • 乾燥ジワやたるみを回避するには丁寧な洗顔が大切です はコメントを受け付けていません。

日頃から、フェイスケアをていねいに施していくことで、小皺やタルミの無いお膚を保つことが出来ます。たるみや、乾燥小皺の少ないお膚になる為には、美容にいいものを習慣的に食事メニューに盛り込んだり、弛み予防のための表情筋エクササイズを続けていくことが大事です。

季節の移り変わりによって紫外線の強さは変わるのですが、1年を問わずに継続的に日焼け対策をするべきだと言われるようになりました。直射日光で膚を焼く事は、一昔前まではある程度は推奨されてきたのですが、この頃ではUVは皮ふを損ね、ダメージを与えるものとされています。

紫外線にさらされた皮膚は皮下組織が破壊され、膚を傷め、肌老化を引きおこすので、できるだけ避けた方がいいといいます。肌にUVを受けてしまうと、それによってシミができたり、乾燥によって肌の水分が急速に失われてしまいます。

スキンケアをしっかり行い、膚から失われがちな水分をお肌にたっぷり満たしてあげる事によって、紫外線からの影響を軽減する事が可能になります。クレンジングフォームを用いて洗顔するときには、毛穴づまりがするりと浮いて洗い流せるように、顔に軽く触れるようにオイルインクレンジングフォームの泡を乗せていきます。

メイクオフ後の洗顔も同じく、ホイップした洗顔料を頬にそっと乗せて、ゴシゴシこすらないように、泡を滑らせるイメージで膚を撫でながら洗います。微温湯で顔をすすぐことも、顔を洗う際には非常に重要なポイントです。熱い湯で洗顔すると、お肌の1次バリア機能を果たしているセラミドなどで洗い流すことになってしまうので要注意です。

メイク落としと洗顔が終わって、膚がある程度水分を含んでいるうちに化粧水をふんだんに使うようにし、皮ふに浸透させていき、保湿乳液で蓋をします。

UVの影響で乾燥しがちなお膚でも、入念な洗顔と乾燥肌ケアを心がける事で、肌に必要な潤いを補うことが可能になります。

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

カテゴリー