目の下のクマやたるみをなんとかしたい!

menu

目元美人

シワや弛みは年齢を重ねたことだけが一番の原因ではないのです

  • 2016
  • シワや弛みは年齢を重ねたことだけが一番の原因ではないのです はコメントを受け付けていません。

お膚のちりめんじわや緩みを気にしつつも、今はまだ若いし、年取ったときに考えればいいと先行きを楽観視している人も多くいらっしゃるのではないでしょうか。若いときから日々の乾燥肌対策をきちんとやっておくことで、将来的な肝斑や弛み回避に繋ぐことが出来ます。

年齢の影響のほかにも、膚を老化させる状況は現代においてたくさん存在します。不規則な生活や、強い日の光の影響、膚のひび割れ、肌に合わない肌ケアなど挙げればキリがありません。齢を取る事は止めることはできませんが、日頃の乾燥肌対策と心がけで小皺や弛みの無い透明感のある肌を作る事は誰でも出来るのです。

一度出来た小じわやタルミは、どんなきっかけで出来たものなのかを知っていく事で、お手入れの内容が変わってきます。

眼もとや、唇まわりに作られる小ジワや、顔立ちの変化によって皮ふに癖が付いてしまった表情ジワ、膚の保湿力が失われて引力に引かれたことで出来てしまった緩み等もあります。

細かく小さい皴ができるところには、皮膚の保湿対策が非常に重要です。表情皺においては、目立ちやすい所によりしっかりと入念なケアを心掛けていくといいでしょう。水分キープ機能があるヒアルロン酸や、お膚の弾力を維持するコラーゲンetcは、年代とともに少なくなりますが、過度なストレスやUVの影響を受け易い合成物質です。

前頭筋のうごきが皮膚のたるみに関係するとき、表情筋トレーニングが改善策として用いられます。しかし、角層の老化は改善がし難いとされ、二十代の時には充分に備わっていた水分保持機能保水機能、張りは失われてしまいやがて重力にひっぱられて皮膚が垂れてタルミになってしまうのです。

不摂生を続けていたり、強い紫外線を浴びる事がよくある人は、角質の弾性がなくなって下垂しやすくなるので注意しなければなりません。

お出掛けの際には、一年を問わずに紫外線対策を徹底し、過度にストレスをためない生活を心がけることがしわやタルミ阻止につながっていきます。

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

カテゴリー