目の下のクマやたるみをなんとかしたい!

menu

目元美人

ちりめんじわやタルミが出来る主な要因と解消方法にはどのようなタイプがあるでしょうか

  • 2016
  • ちりめんじわやタルミが出来る主な要因と解消方法にはどのようなタイプがあるでしょうか はコメントを受け付けていません。

齢を重ねていても若若しいままのskinであり続けたいと言う方は、ソバカスやタルミ解消のケアが必須です。

洗面所で鏡を見た時、小じわやたるみが出来ているという事にドキッとする時がありませんか?学生時代の顔と較べると、雀斑や弛みが増えたせいで、歳をとって見られることが多くなったと悩む人も多いのではないでしょうか。

誰かと会う時、顏は初めに相手の目につく場所ですが、マブタが垂れ下がり、目もとがくぼんでいると、実年齢よりかなり老けて見られるかもしれません。年齢を重ねた顏に見られやすい特徴として、顏のラインがタルミのせいで丸みを帯びてみえることが挙げられます。

実際の年齢よりも年寄りに見られがちになる要素の1つに、眼もとや口許に乾燥皺ができることで、緩みが目立つことにあるのです。強い日の光を長期間浴び続けたり、普段食べている物の好みが偏りがちの場合、肌の弾力が減少してしまうことが考えられます。

直射日光にお肌が晒されてしまうと、お肌は損傷を受けて、ヒアルロン酸(hyaluronic acid)や体の中の水分を真皮組織の中に閉じ込めておけなくなり、乾燥してしまう事によって弾力が失われます。

頭頂部から顏へとつながっている皮ふの血液の流れを廻りやすくする為に、顔ヨガなどで血液の流れを良くして、皮膚のコンディションを健康な状態に戻していくというやり方もとても効果的です。

目もと、唇周り、前額部、みけんなど、人間の顔の中でもしわが出来易いところはいくつかあります。骨格の成立ちや、生活パターン、表情の癖等によって、ほうれいせんに皴が出来たり、縮緬じわになったりします。

皮ふにできたシワや弛みを目立たなくするなら、身体的ストレスを発散する事や、健康に気をつけた食事を心掛けること、ぬるま湯洗顔や肌に合ったスキンケアをキチンとやっていくことが重要です。

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

カテゴリー